ようこそ!子どもの本の森へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『くものすおやぶん とりものちょう』 秋山あゆ子 作・絵

<<   作成日時 : 2007/02/20 06:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

ふたりdeぶろぐさん経由で知ったのですが、2007年3月号のこどものともが、『くものすおやぶん ほとけのさばき』なんだそうです。これは買っておいてもらわなければ。。
ですので今日は前作の『くものすおやぶん とりものちょう』のご紹介。

【あらすじ】
春爛漫の虫の町をあるいていく、くものすおやぶんと、子分のぴょんきち。そこへ春祭りの準備に忙しい大きな菓子屋、ありがたやの店のものが来て、「たいへんです、ぬすっとから手紙が来たんです。」手紙には、「こんや くらのなかの おかしを ちょうだいする」とありました。大胆なぬすっと3人組と、くものすおやぶんとの攻防が繰り広げられます。

【解説・感想】
なんだか日本の作家さんの作品を紹介するのが久しぶりのような気がします。ごめんなさい。
ちょっと珍しい時代劇仕立ての作品。十手を持ったくものすおやぶんと、御用提灯を持った子分のはえとりのぴょんきちとの組み合わせが、多分子供たちにもとても新鮮に感じられるでしょう。
隠れるのが得意な犯人を見つけるという楽しみ、商家の(ものすごい大店だ!)こまごまとした様子を見られる鳥瞰図の楽しみ、時代劇風の言い回しを語る(聞く)楽しみ、謎解きの楽しみ、ずいぶん様々な楽しみが詰め込まれていて、なおかつストーリーとしてもとても面白い絵本に仕上がっています。
出てくるのは虫ばかりなんですが、見ていて気持ち悪くなく、かつそれほどデフォルメされているわけでもないんです。今風に言うと「ゲテかわいい」って表現でしょうか(???)。この作品、姫路の原画展にもあったんですけど、桜の花が、そりゃもううっとりするくらい素敵でした〜♪今でも思い出すなあ。


『くものすおやぶん とりものちょう』 秋山あゆ子 作・絵 福音館書店

くものすおやぶん とりものちょうくものすおやぶん とりものちょう
秋山 あゆ子

福音館書店 2005-10
売り上げランキング : 4405
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




一応アマゾン貼りますけど、今号のこどものともはもう品切れですね。

こどものとも 2007年 03月号 [雑誌]こどものとも 2007年 03月号 [雑誌]

福音館書店 2007-02-03
売り上げランキング : 136310

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「くものすおやぶん とりものちょう」秋山 あゆ子
booksAtoZで紹介された絵本です。 ...続きを見る
デリシャスな本棚
2008/02/17 08:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
あー!あー!あー!この一月に里帰りした時、この本買ってきたお!!すげー好きよ!!!梅田大丸で「ぐりとぐらの世界展」に行ったとき売店で買いました。出てくる虫がみんな着物着てて、その着物の柄もすごく凝ってるの。何度見ても飽きないから、買っちゃったお。ぴょんきちのつぶらな目がとてもかわいいの。親分もちゃんと手が8本あるの。そっか、続編出るのか。こどものとも、ネットでも買えるかのう。
欲しいよぉ。
Michiko
2007/02/20 06:55
>Michikoさん
うわあ、「ぐりぐらの世界展」行ったんやねぇ。カステラ焼いた卵の殻、乗ってみましたか(笑)?
それにしてもMichikoさんがこの絵本をお持ちの仲間とは。そうそう、着物から布団から道具から、すごく凝っていて見飽きないよねぇ。和菓子も恋しくなる。商家だって細かく書き込んであるんよなあ。多分近年の日本人作家のものでは評価が非常に高い方なんじゃないかなあ。
秋山さんって漫画家なんよね。アマゾンから見た事もない昆虫漫画を薦められて、「なぜ?」と思ったら、この人の作品だったさ。
こどものとも、どこで買えるんだろう。福音館でもバックナンバー扱いだし。待っていれば絶対にハードカバー化されるのは間違いない所だけどねぇ。
オシツオサレツ
2007/02/20 21:23
ぐりとぐら、懐かしい。私が小さいころ、祖母の家に遊びに行くたびにカステラを買ってくれて、ぐりとぐらを思い出してうれしかったなあ。ぐりとぐらの本、大好きだったなあ・・・でも、本文と関係ないですね・・あはは。
AK
2007/02/21 12:50
>AKさん
ぐりとぐらって、多分今でも日本で一番売れている絵本だと思うよ。今の子もあのカステラにあこがれるのかなあ。
ぐりとぐら、こっちでも売ってますんでもし興味があれば。
http://www.amazon.com/Guri-Gura-Rieko-Nakagawa/dp/0804837821/
オシツオサレツ
2007/02/22 01:04
卵の殻、乗らなかったなぁ(笑)。あとぐりとぐらのおうち(原寸)のモデルがあって中を覗くのがとても楽しかった。お風呂場もちゃんとあるのね。でも会場でエンドレスにかかっていた「ぐりとぐらのうた」がずっと頭に残って(ぼくらのなまえはぐりとぐら、この世でいちばんすきなのは、お料理すること、食べること♪ってやつ)その後、人と会っても頭でその曲がかかってて困ったよ。今でもその歌歌える!

そこで私もだるまちゃんとてんぐちゃんの一筆書き買っちゃった。
Michiko
2007/02/23 02:36
>Michikoさん
「ぐりとぐりのうた」ってどんな節なんだろう?実は絵本の中に出てくる歌って、てきとーにメロディ作って読むんだけど、なんか我ながら作曲のセンス全くなし。「ぐるんぱのようちえん」の歌なんて毎回泣きたくなる様な出来。ぐりぐらのプロの曲を知っていれば、その絵本だけは救われるのかもなあ。
だるまちゃんの一筆書き、勿体無くて手付かずのままです。
オシツオサレツ
2007/02/23 07:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『くものすおやぶん とりものちょう』 秋山あゆ子 作・絵 ようこそ!子どもの本の森へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる