ようこそ!子どもの本の森へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 英語はエスペラントではない

<<   作成日時 : 2007/10/04 23:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

ふと考えてみると人生の三分の一ほどを日本の外で過ごしている事になります。もう長いよなぁ。その割には外国語は全然上達しません。

そんなところに昨日の山口洋氏のブログの言葉。

俺はいつも旅の空の下。なので、移動日は都会とのやり取りに追われます。そんな時に英語でメールを書かねばならないのは閉口します。喋るのはまだしも、書くのは本当に大変です。いつだったか、「英語がエスペラントじゃねぇってことを英語であいつらに伝えたい」と名言を吐いた男が居るのですが、同感です。


エスペラントはご存知の方も多いと思いますが、人工言語。つまり、どこの国の言葉でもない、世界で共通に話す事を目的とした言葉。
実は私の父は大学のときから今でもエスペラントをやっているのです。不肖の娘は全然勉強していないのですが。。
だけど山口洋のところでこの字をみるとなんか嬉しかったな。


ところで本題の「英語はエスペラントではない」ですが。
そういえば高校や大学くらいのときの自分は「英語というひとつの言語が世界共通語になるってどうなん!?それは不公平やで。」と、若い時特有の尖り具合で考えていたもんでした。アンチ英語派でアンチアメリカだった自分が英語を話す米国領内に10年も住むなんてね、当時は思ってもみなかったけど。

アメリカに住んでいて感じるのは、「やっぱりこの環境で小さいときから過ごしていたら、英語はワールドスタンダードだと信じて疑わないんだろうなぁ」ってこと。アメリカ人は外国に行って「英語が通じない」と怒る訳ですが(←日本人でもそういう人いるよね)、多分その人生に置いて「英語=世界標準」という図式に疑問を持つ事すら無いんでしょう。で、英語が話せない方がおかしいと思っちゃう。

でも本当に、それって公平なの?
誰かの母国語が世界標準になる、そんなん不公平だ〜〜。

という思いを久々に思い出させてくれた山口洋の言葉でした。ちゃんちゃん。
でもこれって外国語が身に付かない者の遠吠えの様な気もするなぁ。


画像



ところでトップページ右カラムの動画窓のブームの曲のコーラスが山口氏なんだけど、コーラスのくせにこの圧倒的な存在感!そして彼のギターがきこえ過ぎですよっ。でも最高!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
前にバングラデシュでピースコーが現地の子どもたちに英語を教えていた時、その最初の授業を始める際に、「君たちにとって英語って何?」という質問をしたのを覚えています。
中に「標準語」と答えた子がいて、それに対して彼は、
「英語は或る人たちにとって共通語ではあるかもしれないけれど、標準語ではないよ」
と言っていました。
アメリカ人に英語の通じない国に行きたがらない人が多いのは、自分たちの言葉が標準語ではないことを或る意味「重々承知」しているわけですが、そのことによって結果、英語があたかも「標準語」のようになってしまうのは皮肉なことですよね。
前にベネズエラから来た女の子が、「英語は例外が多くて覚えにい。スペイン語はその点きっちりしているので私はスペイン語のほうが好き」と言っていたように、英語ってわりに不親切な言語なんですけどね。(その分、方言や何かが生まれる自由度も高いんですが。)
liyehuku
2007/10/05 06:19
 変な話ですが・・・・・
うちのファレス工場は最近フランスの会社から買収したばかりで、フランス人の駐在員やイギリス人、アメリカ人、マレーシア人、メキシコ人、日本人駐在員と多国籍な従業員が多いです。その為、どうしても英語が共通語になります。もう日本の会社になったのだから日本語覚えろ!! ・・・ってわけにも行かないのですよね。それに変にローカル化が進んでいて、社内のドキュメント類の大半はスペイン語になっているので、こちらも勉強しなければ分からない事が沢山という状態です。
 こういう環境になると、日本語か英語で統一して欲しいと思ってしまうものです。
くりさん
URL
2007/10/05 13:04
>liyehukuさん
そうなんですよね、たとえ英語が共通語だとしても、それが標準語であってはいけない、という意識を、非・英語国民はもたんといけないと思いますよ。だからやみくもに子供に英語を習わせている日本人をみるとね、そこにそういう意識を持ってほしい、というのが私の願いではありますね。

英語って例外が多いかなぁ。むしろものすごいロジカルな言語で(発音以外)、まあいづれかの言語を共通語として選ぶとしたらやっぱり英語なのかなぁという妥協は自分の中であるんですけど。スペイン語の不規則動詞表なんか覚えてたら涙が出そう。あと主語を省略出来る、語順はどんなんでもいいという柔軟性は実際にはノンネイティブにとっては混乱以外のなにものでもないです(読み書きの場合)。ドイツ語とかは全く知らないんだけどね、どうなんだろ。
オシツオサレツ
2007/10/05 23:26
>くりさん
仰る通り、現状ではやはり色々な言語を話す人が集まる場所では、英語を共通語とするしか手段は無いと思いますね。しかしそういう現状は公平ではないよなぁと世界の片隅でぶつぶつ文句を言っている訳ですよ(笑)。
海外駐在に出られる方はまず言語の問題がひとやまで、さぞ大変な事だろうとお察しします。
オシツオサレツ
2007/10/05 23:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
英語はエスペラントではない ようこそ!子どもの本の森へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる