ようこそ!子どもの本の森へ

アクセスカウンタ

zoom RSS 『どうながのプレッツェル』 マーグレット・レイ作

<<   作成日時 : 2007/09/14 21:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

検診に行ったドクターのオフィスでお金を払う時、「子供たちみんな大きくなったわねぇ。もうほとんど病気で来る事もなくなったわねぇ。」なんて言われて、何だか嬉しかったなぁ。たまにしか顔を合わせない人が覚えてくれていて、こういう事を言ってくれるのって嬉しいよね。



どうながのプレッツェル (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)どうながのプレッツェル (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
H・A・レイ わたなべ しげお

福音館書店 1978-10
売り上げランキング : 244481
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




【あらすじ】
プレッツェルは世界一胴長のダックスフント。ドッグショーでブルーリボンをもらった事もあります。みんなに胴長を誉められるプレッツェルですが、ただ一人、可愛いグレタだけは知らん顔。プレッツェルはグレタが大好きで、結婚したいと思っているのに、グレタは「どうながなんてだいきらい」というだけ。「どんなことでもしてあげるから」とプレッツェルは、大きな骨をあげたりお気に入りのボールをあげたり。なのに彼女は見向きもしてくれません。そんなある日、ボールを追いかけていたグレタが、深い穴に落っこちてしまってさあ大変…!


【解説・感想】
副題を「プロポーズ大作戦」と付けたい(笑)。
プレッツェルのどんな求愛にも全然振り向いてあげないグレタをみていると、バブルの頃の「ミツグ君」「アッシー君」(←なつかしー)を想像してしまうのだけれど、可愛いグレタちゃんはそういう目先の利益でプロポーズを断ったのではなかったのです!
プロポーズを承諾するときのグレタの言葉

「でも、あなたがどうながだからけっこんするんじゃないのよ!」

グレタちゃんは、相手の容姿にも、プレゼントにも、芸当にも、振り向かなかったのですが、自分の事を思う気持ちと勇気に応えてあげたんですね。
特別深い内容の絵本ではないけど、かわいらしい絵とともに、さらっと楽しく読めてしまうおはなし。


作者のマーグレット・レイは、挿絵のH.A.レイの奥さんです。H.A.レイといえば有名な『ひとまねこざる』でみんな知っていますよね。ふたりはブラジルで知り合ったそうです。



アマゾンではこんなものまで売っている模様↓

どうながのプレッツエル ぬいぐるみ
どうながのプレッツエル ぬいぐるみ
パドルビー
売り上げランキング : 34775


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


でも絵本のプレッツェルはもっともっともっと胴が長いんですよ。


『どうながのプレッツェル』 
マーグレット・レイ作 H.A.レイ絵 わたなべしげお訳 福音館書店
どうながのプレッツェル (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
プレッツェルのぬいぐるみ、カワイイ〜っ☆
胴の長さより顔がそっくり(笑)すごいね〜。

このお話、すごく読んだような気がするのに全然内容が思い出せませんでした。図書館でみつけたら即、読まなくちゃ。
最近Amazonで表紙がないこと多いですね。でも絵本ナビならあったわ。(URL参照)
みーと
URL
2007/09/15 00:21
ほんとだ、顔がそっくりだねー。
しかしオシツオサレツとしては、この「パドルビー」というメーカー名がめちゃくちゃ気になりますよ。

Amazonの表紙ないのは最近の傾向なのかなぁ。とすると著作権がらみかもしれませんね。どうなんでしょうか。
オシツオサレツ
2007/09/15 00:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『どうながのプレッツェル』 マーグレット・レイ作 ようこそ!子どもの本の森へ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる